無料プレゼント⇒LINE@で友達追加⇒高額コミュミティ参加の流れ

最近よく見るのがこの流れです。

メルマガの「無料情報」「無料プレゼント」からの「無料登録」

さらに必ずついてくるのがLINE@。

ここからでないとプレゼントが渡せません、という理由で、友達追加を強要。

さらに動画がいくつか。

しかも「くり返し見てコメントをください」と念押ししての、いわば洗脳。

最後には期日を区切っての、コミュニティ参加申し込みが待っていて、しかも決まって「高額」

 

さすがに、申し込む人が減ってきたのでしょうか?

 

ラストはほとんど恫喝、あるいは悲鳴のような「後悔しますよ、いいんですか?」的な文言。

メルマガ読者はそこまで馬鹿ではないでしょうに。

 

 

メルマガの根底にあるのは読者は「カモだ」という思考

 

 

最近そう思うようになりました。

 

またメルマガ塾の募集が始まるようですね。

実績が無くてもメルマガは儲かります、と言うのがいわば売り文句。

いくつか、この塾で学んだ人のメルマガを読んでいますが、ほぼ似た内容ですし、売る、もしくは無料登録案件もほぼ同じ。

かなりどうでも良くなってきました。

講師の松原さんのメルマガは面白いのですが、所詮本気でない人が情報を買うのはいい加減でやめなさい、あなた馬鹿ですか?と言う内容で。

でも一方で、メルマガは儲かります、と言うのってかなり矛盾していませんか?

つまり、馬鹿な読者のおかげで儲かるわけです。

また、儲けるためには、登録とか、申し込みに導かなければなりません。

その道筋も、「次回に詳しくお話ししますのでお楽しみに!」というふうな思わせぶりで、そろそろうんざりしてきました。

 

まあ、ある意味、ノウハウ的なものは、ほぼ出尽くしていて、アドセンスにしろ、サイトアフィリにしろ、転売にしろ、そうそう新規のノウハウはありません。

良心的な人ほど、オススメのものは限られてきますしね。

 

それでも、それぞれのメルマガが読者を増やしているとしたら、次々と「読者」になるご新規さんが増えているのでしょう。

ノウハウコレクター予備軍かもしれませんが。

それだけ、ネットで儲かるかもしれない、と言う期待も大きいのでしょうね。

 

どんなノウハウにしても、かなりの時間と手間は必要です。

すぐに儲かるような言い方をしているものは、まず本物ではありませんから。

 

更に言えば、ノウハウそのものは、書籍でも学べます。

高額塾でよく言われるのは「環境」が整っていますよ、ということです。

一人ではなかなか継続できない作業も、仲間がいれば大丈夫、とか、直接指導してもらえば出来る、とか。

それはその人によって違うでしょうから、自分で判断してください。

 

言えるのは、簡単ではない、と覚悟して始めるべきだ、ということです。

そうして途中で諦めないこと。

「カモ」にならないこと。

これだけです。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP