https対応について「SSL化」

https対応って知ってますか?

普通のブログではURLが http:// で始まっていますね。

これをhttps://にしましょう、ということです。

 

 

Googleさんが推奨している「https」

 

 

アドセンスの最適化のアドバイスに

「サイトの安全性を高めましょう」というのがあります。

この

http ⇒httpsの変更を「SSL化」というのですが、

これによってサイトの安全性が高まる、ということらしいです。

Googleさんが推奨していますから、できればしておきましょう。

 

この方法ですが、レポートがいくつかありましたが、
どれも、コピペだとかがあって、けっこうめんどうだと
思っていたら、めちゃめちゃ簡単でした。

 

ただし自分が使っているXサーバーの場合です。

他のサーバーでは分かりませんので。

 

 

「SSL化」の方法

 

 

① Xサーバーのサーバーパネルにログイン。

「ドメイン」項目の「SSL設定」をクリック。

 

ドメインが出てきますから「SSL化」したいものを選択。

すると「SSL設定」画面になるので、
「SSL設定の追加」をクリック。

ここでサイトを選択できます。
(サブドメインも選択できます)

で「独自SSL設定を追加する(確定)」をクリック。

しばらく待つと設定ができます。

この画面の「SSL設定の一覧」をクリックすると
httpsとなったサイトのURLが出ています。

 

このURLをクリックしてサイトが表示されたら

次の作業に移ります。

 

設定が浸透していないとサイトが表示されず、

「安全な接続ではありません」
「この接続ではプライバシーが保護されません」
といった画面が出てきます。
(プラウザによって表現がちがいます)

その場合はしばらく待ってサイトが表示されるのを
確認します。

だいたい長くて1時間くらいかかります。

 

 

② 再びXサーバーのサーバーパネルにログイン。

「ホームページ」の
「.htaccess編集」をクリック。

該当ドメインを選択。

次の画面で「.htaccess編集」タブをクリック。

下にある「.htaccessを編集する(確認)」をクリック。

 

さらに次の確認画面で下にある
「.htaccessを編集する(確定)」をクリック。

 

.htaccessを編集しました。と出ますからこれで完了。

 

③ サイトのダッシュボード画面にログイン

「設定」⇒「一般設定」をクリック。

するといくつか項目がでてきますから、

そのうちの

WordPressアドレス(URL)と

サイトアドレス(URL)の「http://」

となっているところに「https://」となるように「s」を入れるだけ。

つまり、2箇所にsを入れて、

ずっと下にある「変更を保存」をクリック。

ここまでで終了です。

 

で、念のため、
サイトを表示してみてURLを確認しておきましょう。

 

 

https:// とすることでサイトの安全性が認められるという

ことであれば、対応しておくほうがいいですね。

 

 

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP